旨味のもと!美肌健康!日本酒のアミノ酸がもたらす効果がすごすぎる

日本酒のアミノ酸度

日本酒には健康効果のある「アミノ酸」が含まれています。
日本酒のラベルにアミノ酸の数値が書かれているのを見たことありませんか?

ワインといえばポリフェノールが注目されていますが、日本酒もアミノ酸で栄養満点なのです!
健康目的で日本酒を飲む方もいるくらい日本酒の栄養素は注目されています。(※もちろん適量を守る必要があります!)

そこで今回は、日本酒に入っているアミノ酸がどんな効果をもたらすのか?についてまとめてみました!読むともっと日本酒が飲みたくなります(笑)ぜひ参考にして下さい。

1.日本酒に含まれるアミノ酸とは?

日本酒に含まれるアミノ酸は7種類

日本酒に含まれるアミノ酸は全部で7種類です。
食物からしか補給できない必須アミノ酸と言われる「バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン」に加えて、プロリン、アルギニン、アラニンなどのアミノ酸が含まれています。

このアミノ酸は、日本酒の味わいにおいて「コクや旨味」のもととなります。
例えば、だしでよく使う昆布や鰹節はアミノ酸が豊富で、使うと料理の旨味が増しますね。それと同じイメージです。

アミノ酸は日本酒の製造過程で自然に作られます。日本酒の原料である米と麹に含まれる麹菌が製造過程で発酵すると日本酒が出来上がりますが、この発酵過程でお酒の中に生まれるのがアミノ酸です。

2.日本酒は「必須アミノ酸」4種類が含まれるパーフェクトドリンク!

日本酒のアミノ酸は天然のサプリメントです

食物からしか補給できない必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの必須アミノ酸4種類に加えて、プロリン、アルギニン、アラニンなどのアミノ酸が含まれており、普通、一つの食品でこれだけのアミノ酸が含まれている物はあまり存在しません。つまり日本酒はすごい飲みものなんです!

アミノ酸の効果には、

・私たちの体を構成しているたんぱく質をつくる
・ホルモンの調節をしたり体を動かすエネルギーをつくり出す
・疲労回復や持続力を高める
・肌の細胞のダメージを修復したり保湿力を高めたりする

といったものがあります。

また、日本酒にはアミノ酸以外にビタミン類などの有効成分も多く含まれています。血行を促して血管を詰まりにくくしたり、食欲を増進させたりする、など多くの病気を未然に防ぐ「未病」に役立つという研究もされており健康維持に期待がもたれています。

最近よく「甘酒は飲む点滴」などと言われて、積極的に飲む人も増えていますよね。甘酒は日本酒からできる酒粕を加工してできるものです。もちろん日本酒にも同じく栄養素が沢山含まれているんです。もちろんお酒の飲み過ぎは逆効果ですが、適量であれば「天然のサプリメント」を摂取しているのと変わらないんです。

3.日本酒のアミノ酸は美肌効果もあり!

日本酒のアミノ酸で美白&保湿

日本酒に含まれるアミノ酸やコウジ酸には細胞の活性や美肌に嬉しい活躍をしてくれるので、アンチエイジングや美肌の予防にもひと役買ってくれます。日本酒をつくる杜氏の手が白くて、スベスベしていてきめが細かい、というのは日本酒の中に含まれるアミノ酸によるものです。

また、アミノ酸には保湿や保温効果もあることがわかっており、肌をしっとりと潤わせてくれます。飲むことで内側からそしてお肌に塗っても美肌効果が期待できるんです。日本酒化粧水や日本酒風呂などぜひ試してみてください。

日本酒化粧水6本を使ってみた!!【使いごこち徹底レビュー】

血行促進や美肌効果あり!日本酒風呂の正しい入り方と効果の高め方

4.アミノ酸がより多く含まれるのは「純米酒」と「どぶろく」

アミノ酸が多いのは純米酒

アミノ酸が特に多く含まれている日本酒は、「純米酒」と「どぶろく」です。

逆に少なめになりがちなのが「吟醸酒」です。なぜなら「吟醸酒」のように高精白しお米に磨きを掛けてきれいに削られた日本酒は、アミノ酸も一緒に削られてしまうからです。アミノ酸の数値が高い日本酒を飲みたいと考えているのなら吟醸酒ではなく純米酒をオススメします!

また、特にアミノ酸が多く含まれている日本酒には純米酒以外では、「どぶろく」というものがあります。

普通の日本酒は濾す作業を行ない「酒粕」を取り除き透明できれいな日本酒にして販売します。しかし「どぶろく」はその作業を全く行なわない日本酒になります。つまり「何も取り除かない日本酒」なので栄養素であるアミノ酸も多く残っているということです。

どぶろくはパンチの強めなものが多いですが、とろっとしておいしいのでぜひ試してみてください!

迷ったらこれ!初心者から上級者まで楽しめるおすすめのどぶろく10選

5.日本酒は「適量」を守ろう

日本酒にアミノ酸が入っていて体にいいとはいっても、飲み過ぎは逆効果です!

日本酒一合のアルコール量を体内で処理するのにおおよそ4時間かかると言われています。 次の日にお酒を残さないでスッキリと飲むには1合程度(180ml)が適量です。おちょこでいうと、サイズによって異なりますがだいたい1杯18ml〜36mlなので5-10杯程度ですね。

日本酒一合はどのくらいの量?カロリーなどよくある疑問を徹底解説!

二日酔いにならない上手なお酒の飲み方を解説した記事も併せてご覧ください。

二日酔い防止、お酒と上手に楽しく付き合う4つの極意

まとめ

ここまで日本酒の中に含まれているアミノ酸について解説してきました。実はアミノ酸のおかげで日本酒にはたくさんの効果があったんです。

・日本酒のコクや旨味を増すこと
・健康効果があること
・美容効果があること

ぜひ日本酒を上手に生活の中に取り入れてみてください!