乾杯に最適!女性に人気のスパークリング日本酒のおすすめ銘柄21選

スパークリング日本酒

「スパークリング日本酒にはどんなものがあるか知りたい」
あなたは今、そうお考えではありませんか?

自分の周りでも「日本酒のスパークリングタイプを飲んでみたら美味しかった!」という声が聞こえたり、お店に行くとメニューに含まれていたりします。
しかし、慣れていないものにチャレンジするには勇気がいりますよね。

そんなあなたには、まず市販されているスパークリング日本酒の中から日本酒好きが選んだおすすめを21種類紹介します。
ぜひ参考にしてください。

目次

1. おすすめのスパークリング日本酒20(+1)選

さっそく、市販されているスパークリング日本酒の中から厳選して20種類を紹介します。
それぞれの特徴を見ながら、「これがいいかな」と考えながら見てください。

1-1. 日本酒が苦手な人でも飲みやすいおしゃれな「澪」

澪

価格:300ml/475円(税抜)
アルコール度数:5度
メーカー:宝酒造株式会社
公式サイトはこちら
概要と特徴:
澪(みお)は、気にならない程度の酸味を持ち、5%という低いアルコール度数ゆえに、お酒があまり強くない若い女性に「スパークリング日本酒」ブームを起こすきっかけを作りました。
おしゃれなデザインなので、女子会のお供やBBQの会場に持っていくと場が引き立ちます。
鍋や焼き肉、おでんなど味付けのしっかりした料理に添えると口の中で爽やかにはじけてくれます。
日本酒の風味が苦手で敬遠してきた人にこそおすすめです。

1-2. デザート酒として食後に飲みたい「すず音」

すず音

価格:300ml/715円(税抜)
アルコール度数:5度
メーカー:株式会社一ノ蔵
公式サイトはこちら
概要と特徴:
炭酸ガスを注入してシュワシュワにするのではなく、シャンパンと同じで瓶内発酵させているスパークリング日本酒です。
食前酒として使えるのですが、食後のフルーツやスイーツに添えて飲むのがベストです。
ガトーショコラやミルクチョコレートとすず音のセットなら、濃厚な甘さがスッキリ炭酸と合わさって後味が良くなります。
純米酒がベースなので、日本酒本来のお米の味をしっかり確かめたい人におすすめです。

1-3.家の冷蔵庫に常備しておくべき「上善如水 スパークリング」

上善如水

価格:360ml/700円(税抜)
アルコール度数:11~12度
メーカー:白瀧酒造株式会社
公式サイトはこちら
概要と特徴:
アルコール度数が11度以上12度未満の、すっきりかつ華やかな味わいが特徴のスパークリング日本酒です。
十分に冷やして飲むとよいです。
パーティやアウトドアでも活躍できますが、普段の料理にも合わせやすいので、家で自炊しながら「ちょっと飲みたい気分」の時のために冷蔵庫に入れておくと便利です。
上善如水の特徴である「さらっと水のような」感覚はそのままに、のど越しの良さが特徴ですから、グイグイ飲みたい人におすすめです。

1-4.シンプルなつまみと共に飲みたい「獺祭 純米大吟醸 スパークリング50」

獺祭スパークリング

価格:360ml/972円(税込)
アルコール度数:15度
メーカー:旭酒造株式会社
公式サイトはこちら
概要と特徴:
世界中で高い評価を得ている獺祭のスパークリングタイプ。骨太の純米大吟醸の味わいがはっきりと舌に残ります。
ガス圧がかなり強いので、シャンパンのような感覚でパーティーシーンや女子会で使えます。
せっかく獺祭を飲むなら、獺祭バーのマネをしてかまぼこをつまみに飲むのもありです。
獺祭に興味がある人、「せっかくスパークリング日本酒デビューするなら最高峰のものから始めたい」という人が満足できそうです。

1-5.スパイシーな料理とセットで味わいたい「八海山 発砲にごり酒」

八海山

価格:360ml/935円(税別)
アルコール度数:15度
メーカー:八海醸造株式会社
公式サイトはこちら
概要と特徴:
アルコール度数が15度と日本酒並みの高さになっているので、お酒自体が苦手な人は注意が必要です。
飲み口は爽やかで、口の中で炭酸の泡がはじけながらスッキリした後味が残ります。
食前酒、食中酒、食後のデザートと一緒に、さまざまなシーンで使えます。
とくにスパイシーな料理や味の濃い料理と一緒に飲むのがおすすめです。
ある程度日本酒を飲み慣れていて、大吟醸酒の味がわかる人なら味の違いが比べられて面白いはずです。

1-6.午後のおしゃべりを弾ませる「ねね」

ねね

価格:300ml/700円(税別)
アルコール度数:5.5度
メーカー:酒井酒造株式会社
公式サイトはこちら
概要と特徴:
山口県のお米「日本晴」を使った純米酒ベースで、瓶内にて二次発酵させています。
だれかの家で集合しておしゃべりするときに、ちょっとアルコールを交えて話したいなら「ねね」を買っていきましょう。
フルーツチーズなどと一緒に、デザート感覚で味わうとよさそうです。
甘さがあるのにサッパリ、まるで洋ナシのような味わいに仕上がっていますので、フルーティーなテイストを好む人におすすめです。

1-7.食前酒として試したい「吃驚仰天」

吃驚仰天

価格:180ml/454円(税別)
アルコール度数:8.3度
メーカー:株式会社増田德兵衞商店
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要と特徴:
飲みきりサイズでシャープな泡が心地よいスパークリング日本酒です。
“びっくりぎょうてん”するほど強いお酒ではなく、アルコール度数は8.3度です。
リフレッシュしたいときを含め、爽やかな気分になりたいときにピッタリ。
まずは食前酒として試してみましょう。
「以前ににごり酒を飲んだけど、けっこう好みだった」という人には、瓶の底に溜まるミルクのようなおりがある「吃驚仰天」がおすすめです。

1-8.プレミアムな日に用意しておくべき「MIZUBASHO PURE」

水芭蕉

価格:360ml/2,500円(税別)
アルコール度数:13度
メーカー:永井酒造株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要:
伝統的な日本酒の製法に、フランスのシャンパーニュ地方の伝統である瓶内二次発酵の技術を取りいれた逸品。東京オリンピックの会場での使用が決定しています。
特別な日に飲みたいスパークリング日本酒です。
本格的な辛口なので、刺身など生ものと合わせることで、料理が引き立ちます。
何事にもプレミアムを求める人におすすめです。

1-9.お酒は甘口がいいという人のための「ぷちぷち」

ぷちぷち

価格:300ml/432円(税込)
アルコール度数:7~8度
メーカー:末廣酒造株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要と特徴:
名前、瓶のイラスト共にかわいく、おしゃれ感覚で楽しめるスパークリング日本酒です。
瓶内に閉じ込められた炭酸が、文字通り口の中で”ぷちぷち”音を立ててはじけていきます。
2009年グラミー賞のパーティ酒としての使用歴がありますから、ホームパーティなどで揃えておくと、場の華やかさに貢献してくれます。
洋食やイタリアンと合わせてもよいですし、立食パーティでつまみを片手に飲んでもスマートです。
日本酒が苦手な人や、お酒は甘口がいいという人に飲んでいただけます。

1-10.和の雰囲気を大切にしたスパークリングなら「奥の松」

奥の松

価格:290ml/605円(税込)
アルコール度数:11度
メーカー:奥の松酒造株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要と特徴:
秋田のお米「めんこいな」を酒米として選び、純米大吟醸の香りはそのままに、ほのかな甘みを感じるのが特徴です。
2016年の「モンドセレクション ゴールドメダル」を受賞しています。
華やかな場にふさわしいボトルデザインになっていますが、和風の雰囲気でもっとも映えます。
食前酒、飲み始めの1本として、食中は銀たらの酒粕漬けなど魚料理と合わせてください。
和の雰囲気漂うスパークリング日本酒を探しているなら買いです。

1-11.軽く飲みたいときには「うたかた」

うたかた

価格:285ml/445円(税抜)
アルコール度数:5度
メーカー:月桂冠株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要と特徴:
花柄のデザインが印象的で、手土産でも喜ばれます。
ボトルは、飲み終わった後に一輪ざしの花瓶として使えます。
おすすめは、トムヤンクンなどタイ料理との組み合わせです。
和食ならあえて焼きそばを選びましょう。
アルコール度数が5%と低く、のどごしがいいので”グイグイ”飲めます。
軽く飲みたいときには「うたかた」です。

1-12.スパークリング日本酒を飲み比べたいなら1本は「ラシャンテ」

ラシャンテ

価格:280ml/512円(税込)
アルコール度数:7~8度
メーカー:合名会社 鈴木酒造店
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要と特徴:
秋田を代表する、もち米をルーツとした「あきたこまち」と、奥羽山脈の伏流水だけで作ったシンプルなお酒です。
ボトルデザインが洗練されているので、これまでシャンパンを使っていたシーンで試してみると新鮮です。
余韻がさわやかなので、オリーブオイルを使った料理や天ぷらによく合います。
独特の甘みがあるので、ほかのスパークリング日本酒と飲み比べをしたい人には違いがわかりやすくておすすめです。

1-13.焼酎が好きなら絶対に試したい「Rice Magicスパークリングレッド」

RiceMagicスパークリングレッド

価格:240ml/823円(税抜)
アルコール度数:7度
メーカー:人気酒造株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要と特徴:
添加物を使用せず、米と米こうじを瓶の中で発酵させたお酒なので、ヘルシー志向の人におすすめです。
古代米の「朝紫」をブレンドして造ったこのお酒は、グラスにそそいだときに繊細な泡立ちを見せますので、パーティ会場など華やかなシーンで用いられます。
自宅で楽しむときには、反対にシンプルな薬膳料理、キュウリやキャベツの浅漬けなどと合わせると、香りが引き立って美味しいです。
焼酎好きの女性には強くおすすめしたい逸品です。

1-14.ワインの代わりとして使ってみたい「淡雪」

淡雪

価格:300ml/450円(税抜)
アルコール度数:5度
メーカー:白鶴酒造株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要:
甘みが強く主張しているお酒で、後味はほんのり甘酸っぱいのが特徴です。
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」のスパークリング部門で金賞を受賞しています。
普段ワインをチョイスするシーンで、ワイングラスに注いで試してみましょう。
ポップコーンやミックスナッツ、チョコレートなど甘い物と共に味わうとよいです。
初めて飲むスパークリング日本酒をどれにしようか迷っているなら、淡雪をスタートにもってくることができます。

1-15.頑張った自分を家で褒めるには「月うさぎ ブルーベリー」

月うさぎ

価格:300ml/450円(税抜)
アルコール度数:6度
メーカー:梅乃宿酒造株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要と特徴:
アルコール度数が6%で、日本酒にブルーベリー果汁が添加されているスパークリングタイプのお酒です。
見た目はロゼのような色、味わいはブルーベリーの持つ甘みと酸味が口の中に広がって爽やかさを残してくれます。
カクテル感覚で、頑張った1日の終わりに、冷蔵庫でしっかり冷やした「月うさぎ ブルーベリー」を飲んでください。
単品でグイグイ飲むことができますし、お気に入りのコンビニスイーツと合わせてもよいでしょう。
食事は外で済ませて、軽く家呑みをするのが楽しみという人におすすめです。

1-16.銘柄名:シュワシュワが好きなら発泡性清酒の「しゅわしゅわ」 

しゅわしゅわ

価格:250ml/540円(税込)
アルコール度数:5度
メーカー:嘉美心酒造株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら
概要と特徴:
ビールやスパークリングワインなど”シュワシュワ”好きにはたまらない、発泡性清酒です。
白桃酵母を使っているためうっすらと濁っており、酸味の中にも心地よい甘みを見出すことができます。
ドライタイプなので食中酒として飲んでください。から揚げや天ぷらなど油を使った料理によく合います。
ほかにも、ハンバーガーとフライドポテトなどアメリカンな食卓にもマッチします。

1-17.おしゃれな手土産を探しているときは「PUPPY」

パピー

価格:240ml/594円(税込)
アルコール度数:7度
メーカー:株式会社 文楽
公式サイトはこちらから
概要と特徴:
女性の蔵人によって開発された、微発砲タイプの純米吟醸スパークリング。
米と米こうじだけを使って、発酵による酸味と炭酸による味の変化をうまく利用しています。
にごり酒になっているため、まず3回程度振ってから飲むようにしてください。
癒されるボトルなので、女子会の持ち物や手土産として活躍できそうです。
いつもは日本酒を選ばない人も、新しいヨーグルトにチャレンジするような感覚で選んでみてください。

1-18.九州生まれの日本酒にこだわるなら「庭のうぐいす スパークリングピンク」

庭のうぐいす

価格:720ml/1600円(税抜)
アルコール度数:13度
メーカー:合名会社 山口酒造場
公式サイトはこちら
概要と特徴:
おしゃれなピンク色を眺めながら、甘みのある爽快な炭酸を味わえるのが特徴です。
生酒なので、冷蔵庫で保管してください。
年中行事やお祝いことなどで、”乾杯酒”として利用されます。
ドライな味わいなので、食中酒として、脂っこい料理に合わせてサッパリと飲んでください。
九州のお酒が好きな人、普段飲みのおしゃれなスパークリング日本酒を探している人におすすめです。

1-19. 日本酒初心者の20代から30代女性は「彩のあわ雪」

彩のあわ雪

価格:270ml/495円(税抜)
アルコール度数:8度
メーカー:滝澤酒造株式会社
公式サイトはこちらから
概要と特徴:
埼玉県産の「彩のかがやき」を使ったお酒で、ほんのりライチの香りを楽しめます。
和風料理に合うのはもちろんのこと、あえてケチャップなど酸味の多い味付けのビザやパスタに合わせてみるのがよいです。
メーカー側は、日本酒初心者の20代から30代の女性をターゲットにしていますので、該当する場合は買ってみてください。

1-20.日本酒好きの女子は迷わず「花あかり」

花あかり

価格:360ml/756円(税込)
アルコール度数:12度
メーカー:石井酒造株式会社
公式サイトはこちらから
概要と特徴:
赤色酵母を使って自然に発酵させるため、少し濁ったピンク色になっています。
日本酒のスパークリングの中では甘さが控えめで、かなりサッパリしています。
BBQに持っていけますし、濃い味付けの料理に合わせるのが王道です。
「もともと日本酒が大好き」という女性におすすめです。

(one more thing).幻の新政No6 xs-type

新政 No6 xs-type-1新政 No6 xs-type-2
価格:720ml/3500円(税込)
アルコール度数:14度
メーカー:新政酒造株式会
公式サイトはこちらから
概要と特徴:
昨年のクリスマスに向けて発売される予定だった新政No.6 xs-type。結局発売されず幻になるかとおもいきや、本年(2018)3月になんと遅ればせながら販売されるという情報を聞いて、以前紹介した「かきぬま酒店(足立区)」で抽選販売で買えるという情報の元、抽選販売2日目に朝一番で行きました。写真にあるとおり当たりましたー(^^)。
新政のこだわりがしっかり詰まったスパークリング。もったいなくてなかなか飲めませんでしたが、とうとう(当たり前ですが)飲みました。No6はr,s,xと3typeあります。限定のxs(クリスマス)typeということで期待も高まる中、飲んでみた味は・・・。
もともとシュワッとした感じがあるNo6をもって、正にスパークリングのしっかりきいた高級シャンパンのごとく旨みや酸味、バランスの取れた非常に美味しいお酒でした。
食前酒として飲んでもいいし、濃い味の料理に合わせて飲んでもいいかとおもいます。
あくまで限定なので今後発売されるかどうかわかりませんが、発売されたら是非抽選に参加してでも購入してみてください。

2. スパークリング日本酒はフルートグラスでより美味しく飲む

スパークリング日本酒を飲むときには、高さのあるフルートグラスを使うことでより美味しく飲むことができます。
フルートグラスなら泡立ちを存分に楽しむことができますし、口が狭くなっているので炭酸が抜けにくく、最後まで繊細な泡をキープできます。

新しく購入しなくても、シャンパンやスパークリングワインのものがあればそれを使ってください。
あるいはこの機会にスパークリング日本酒専用グラスを手に入れることもできます。

2-1. この機会に揃えておきたい「日本酒用グラス スパークリング」

スパークリンググラス

価格:985円(実売価格)
メーカー:東洋佐々木ガラス株式会社
購入はこちらから

明治創業の老舗ガラスメーカー「東洋佐々木ガラス」によって開発・製造された、スパークリング日本酒向けグラスです。
フルートグラスよりもやや口が太くなっており、底から上がってくる泡を視覚で楽しめるように設計されています。
見た目にはおしゃれで作りは丈夫、食洗器で洗えます。
パーティや女子会でこれを使えば、「このグラスどこの?」と聞かれるに違いありません。

2-2.獺祭ロゴで気分よく飲める「星付フルートグラス」

獺祭グラス

価格:972円(税込)
メーカー:旭酒造株式会社
購入はこちらから

獺祭のスパークリング日本酒を美味しく飲むために開発されたフルートグラスですが、ほかの銘柄にも使用できます。
スパークリング日本酒の繊細な炭酸が逃げないよう、空気に触れる面積が少なくなるように設計されています。
グラスに付いている星印は「ここまでで60mlです」というサインです。

2-3.見た目の華やかさにこだわるなら「澪 スパークリング清酒オリジナルグラス(透明脚)」

澪グラス

価格:669円(税込)
メーカー:宝酒造株式会社(東洋佐々木ガラス製)
購入はこちらから

人気スパークリング日本酒「澪」のロゴが入った、スパークリング清酒専用グラスです。
口が狭いデザインゆえに長く繊細な泡を楽しめるのはもちろんのこと、見た目がスッキリした透明脚は手に持っているだけで華やかさを演出します。
澪とセットで購入することもできます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はスパークリング日本酒でおすすめのものを厳選してご紹介しました。
また、選んだスパークリング日本酒をより美味しく飲む方法も取り上げました。

この記事をきっかけに、日本酒のスパークリングも上手に取り入れながら、今まで以上に食事やお酒を楽しむことできるようになれば幸いです。