日本酒が美味しく飲める温度とは?自宅でできる燗酒・冷酒の作り方

日本酒の温度

同じ日本酒でも温度によって味が変わります。
夏は「冷酒」冬は「燗酒」と幅広い温度帯で楽しむことが出来るのが日本酒の特徴です。

最近は酒燗器を使って自分の飲みたい温度にして飲めるお店も多くなってきてます。
一口に日本酒といっても冷たくした方がいいもの、常温のままがいいもの、温かくしたほうがいいものと色々あります。
一番美味しく飲める温度(適温)を知ることによりより一層美味しくいただくことが出来ます。

この記事では、日本酒のタイプ別に適した温度と、自宅でできる温め方・冷やし方についてご紹介したいと思います。

1. 日本酒は温度によって味が変わる

日本酒は温度によってどう味が変わるのでしょう。
冷やすと日本酒の雑味をカバーし、爽やかさの増したスッキリした味わいになり、また温めて燗酒にすれば旨み成分が増し、香り豊かなコクのある味わいが楽しめます。

それでは次に、どんなタイプの日本酒が冷酒や燗酒にすると美味しく頂けるのかについてご紹介したいと思います。

1-1. 冷酒で飲むと美味しい日本酒

冷酒
冷やして美味しい日本酒は「吟醸酒」や「大吟醸酒」など薫酒といわれるタイプの日本酒になります。
香りが高く軽やかで、清涼感が楽しめます。
その中でも特に「生酒」や「生貯蔵酒」を冷やしていただくとさらに美味しさを味わえるのでオススメです。

1-2. 燗酒で飲むと美味しい日本酒

燗酒
温めることで味わいが一層深まり、旨さが増す酒のことを「燗上がりする」とか「燗映えする」と言います。
そんな燗酒にすると美味しくなる日本酒は熟酒、爽酒といわれるタイプの日本酒です。主に純米酒や本醸造酒です。
特に純米酒は40℃位の「ぬる燗」、本醸造酒は50℃位の「熱燗」がオススメです。

1-3. 燗冷ましで美味しい日本酒

燗冷まし
燗冷ましとは一度温めた日本酒を冷やしてから飲むことを言います。燗冷ましが美味しい日本酒は熟成酒です。
一度50℃くらいに温度を上げた日本酒を40℃以下まで冷ますと、旨み・甘み・香りがお楽しみ頂けます。
本当に旨い日本酒は燗冷ましでも旨いのですが、冷ました時に味がぼやけたり刺激臭がするようになったりする日本酒もございます。
このように味が悪くなってしまうことを「燗崩れ」といいます。

2. 日本酒の温度は細かく10通りある

温度帯によって10通りの呼び名があることをご存知ですか?
10通りすべての名前を覚えるのは大変ですが、自分の好みの温度帯と呼び名だけでも覚えてみてはいかがでしょう。

雪冷え  :5℃
花冷え  :10℃
涼冷え  :15℃
冷や(常温) :20℃〜25℃
日向燗  :30℃
人肌燗  :35℃
ぬる燗  :40℃
上燗   :45℃
熱燗   :50℃
飛び切り燗:55℃

2-1. 燗専用温度計

いろいろな温度帯を楽しむ為には酒温計があると便利です。

酒かん計
酒かん計 830円(税込送料別)
36℃から64℃まで幅広い温度帯を計ることが出来ます。
楽天購入ページ: https://item.rakuten.co.jp/culticamo/5-0499-2101/

他にも設定温度になったらアラームのなるもの、10通り温度帯が一目でわかるもの、シンプルに温度を測るだけのものと色々とありますので探してみてください。
日本酒を入れたチロリやグラスにいれて、湯せんで自分の好みの温度になったらいただきましょう。

3. 美味しい日本酒の温め方(燗酒)

日本酒のタイプ別に美味しい飲み方がわかったところで、次は温める方法をご紹介します。
簡単なものから少し手間はかかるけれどオススメの方法まで、いろいろありますので、ご自身に合った方法で是非試してみてください。

3-1. 電子レンジで温める

電子レンジ
最も簡単な方法です。お燗モードが付いている電子レンジをお持ちでしたら試してみてください。自動で設定してくれるので手軽で便利です。

徳利で温める場合は首の部分まで日本酒を注がないようにし、徳利の口をラップで覆って加熱するか、徳利の細い部分と太い部分の温度差が出ないよう、首の部分にアルミホイルをかぶせると満遍なく温まります。
コップで温める場合は割り箸の一本でも良いので、何かを入れて立てておくと満遍なく温まり、何も入れないより味が美味しくなります。

お燗モードが付いていない場合はレンジの出力によっても変わってきますので、ご自宅のレンジで何回か試して見て丁度いい時間を見つけてください。注意点としてはエチルアルコールの沸点は約78℃なので沸騰させるまで温めますとアルコールが飛び美味しくなくなってしまいます。お気を付けください。

またレンジですと温度にムラができるので箸などでかき回してから、飲んでください。温度が均一になり美味しくいただけます。

3-2. 沸かしたお湯で湯せんする

燗酒
日本酒全体がゆっくり温められるので、香りが抜けることなく日本酒本来の旨みを引き出してくれます。

やり方はまず沸騰させたお湯を別の容器に入れ、その容器に徳利などを入れて温めます。

徳利に入れた常温(25℃)の日本酒1合(180ml)をぬる燗(40℃)にするには40秒前後、熱燗(50℃)では1分10秒前後が目安となります。アルミや錫のチロリを使うともっと早く出来ますのでオススメです。先ほど紹介した酒温計とともに購入してはいかがでしょうか?

多少手間ははかかりますが、温度のコントロールもしやすいのでオススメです。

3-3. 燗酒器を使う

本格的な燗酒を楽しみたい方には燗酒器を使って温められることをオススメします。

業務用の酒燗器は3万円以上しますが、本格的に燗酒を楽しみたい方は検討してみてください。チロリも忘れずにご購入してください。
チロリはアルミや錫で作られたものが多いのですが、両方とも熱伝導率が高いので温まるのが早いです。

オススメは家庭用で温度を4段階くらいに調整でき、保温もできるタイプです。セットになっている片口型酒器も2合くらいは入るので台所に行くのが面倒という方にはもってこいですね。

4. 美味しい日本酒の冷やし方(冷酒)

日本酒の美味しい温め方(燗酒)がわかったら、次は美味しい日本酒の冷やし方(冷酒)も知りたくなったのではないでしょうか?

さまざまな温度帯を楽しみながら味わいたいという方のために、合わせてご紹介します。

4-1. 冷蔵庫で冷やす

簡単ですぐに試せる方法です。
ただし、生酒や冷酒向きでない日本酒は冷蔵庫に入れることで香味がアルコールに閉じ込められてしまうため、本来の美味しさを引き出せなくなってしまう場合があります。
風味を消さないために、以下4-2の方法をおすすめします。

4-2. 氷水に浸して冷やす

桶やボウルに氷水をはり、日本酒の瓶か徳利を浸してじっくり冷やす方法です。

ゆっくり冷やすので、日本酒の風味をそのままに味わいを保ったままキリッとした冷酒になります。
多少時間はかかりますが、とっても簡単で最もおすすめの方法です。

4-3. 氷を入れて冷やす

日本酒をロックにするというのはあまり聞きなれないかもしれませんね。
氷を入れると日本酒が薄まるので、日本酒が苦手な方には飲みやすくなるかと思います。

最近では日本酒のソーダ割りも注目されています。水で少々薄めても美味しさに変わりはないようですので、選択肢の一つとして加えてみてはいかがでしょうか?

日本酒の美味しい割り方ランキングについては、こちらの記事をご参照ください。
日本酒を牛乳で割る!?日本酒好きが選んだ美味しい割り方ベスト20

4-4. 酒器を冷やす

これは日本酒を冷やすのではなく、日本酒を入れる器を冷やす方法です。
夏にビールジョッキを冷凍庫に入れてキンキンに凍らせてからビールを注ぐ方法と同じですね。

手間もかからず最も簡単な方法ですので、是非一度試してみてください。

5. 燗と冷酒それぞれに合う料理とは?

自宅で燗も冷酒も作れるようになり、自分の好みの温度がわかったところで、次はそれらに合う酒の肴があればもう最高ですね。

基本的に和食はどのタイプの日本酒とも相性が良いのですが、燗と冷酒ではそれぞれに合う料理が違ってきます。一般的に温かい料理には燗、冷たい料理には冷酒と言われています。
美味しい日本酒をさらに美味しく味わうために温度別によるおすすめにの料理をご紹介しますので、参考にしてみてください。

■ぬる燗〜熱燗以上
燗には温かい料理が合うので、鍋物や煮物は全般的によく合います。
またコッテリした料理や、味の濃い料理とも相性が良いです。生臭さを抑える働きがあることから魚料理にもよく合います。

料理の例:湯豆腐・ブリ大根・さんま・茶碗蒸し・酢の物etc

■常温(冷や)から人肌燗
さっぱりとした料理や甘辛いタレの料理、煮物や魚料理全般と相性が良いです。

料理の例:刺身・焼き魚・煮魚・冷奴・お浸し・牛すじ肉と大根の甘辛煮etc

■雪冷え〜涼冷え
食前酒として適しています。前菜や白身魚、お刺身などのあっさりとした料理と相性が良いです。

料理の例:するめ・干し魚・カルパッチョ・シーザーサラダetc

まとめ

いかがでしたか?温度を変えるだけで全く違った味わいを楽むことができるのですから、日本酒は本当に奥が深いですね。
好みは人それぞれ。これが絶対という訳ではありませんので、風味や味わいを損ねないようポイントだけ抑えつつ、その日の気温や気分、体調に合わせていろいろな温度帯の日本酒を楽しまれてみてはいかがでしょうか?
ご自身のベストな温度帯を見つけて、日本酒を心ゆくまで存分に味わってください。