レンジで熱燗を美味しく作る!簡単な作り方と便利なレンジグッズ

お燗というと冬限定の飲み物だと思っていませんか?

ご自身にあった温度に温めるお燗は体に優しく、冷酒に比べてアルコールがスムーズに吸収されるため、飲みすぎることもありません。
また消化を助け、料理の油を洗い流してくれるので健康にもとてもいい飲み方なのです。

健康志向の方はもちろん、晩酌などで日本酒を毎晩飲む方やお酒に弱い方にも日本酒は熱燗で飲まれることをオススメします。

そんな体に良い熱燗を家で誰でも簡単にレンジで美味しく作る方法と、熱燗を作る際に便利なレンジグッズをご紹介したいと思います。

1.レンジでカンタン熱燗の作り方5ステップ

まずは、レンジで熱燗を作るときの手順を説明いたします。

1.1.4つの道具とお好みの日本酒を用意する

・日本酒
・徳利もしくは容器
・サランラップまたはアルミホイル
・鍋つかみ

1-2.徳利の9分目まで日本酒を入れる

一般的に熱燗にするのは純米酒か本醸造酒が向いていると言われています。
ただし好みもありますので、お好きな日本酒をこぼさないよう9分目まで注いでください。
あれば徳利、なければマグカップなど使い慣れた容器でも構いません。

1-3.サランンラップ(アルミホイル)で徳利の口を覆う

お酒を均等に温めるために使います。また香り逃さず閉じ込めるためにも徳利の口をサランラップで覆います。
このときふんわりラップをかけるようにします。

裏技でサランラップでなくアルミホイルで覆うという方法があります。そうすると、その部分は熱くならないので取り出すとき安全です。
注意点として巻き方によっては火花が出ますので、写真の様にぴったりと押しつけて覆い被せるように手でぎゅっと押しつけてください。
慣れないウチは、加熱中レンジから目を離さないでください。もし火花が出るようであればラップで行うようにしてください。

1-4.レンジで温める

500wで1合(180ml)を熱燗(50度)にする場合、冷蔵のお酒をは90秒、常温のお酒は70秒加熱します。

あくまで目安なので、レンジの種類によっても多少違ってきますので、お使いのレンジで何度か試して見てください。
(レンジによっては自動で燗機能が出来るものもありますね)

1-5.レンジから取り出しお好みのグラスに注ぐ

アルミホイルを使わない場合は、徳利の口の部分が熱くなりやすいので、取り出すときは鍋つかみなどを使って取出してください。
あとはお好みの酒器に注ぐだけ。

2.一手間加えてもっと美味しい熱燗をレンジで作るコツ

簡単につくれるレンジですが、ここに一手間加えるだけで劇的にお燗が美味しくなると聞くとやってみたくなりませんか?
筆者もいろいろ飲み比べてみたところ、その味は雲泥の差でした!
そんなに手間はかかりませんので、是非一度お試しください。

2.1.割り箸を入れる

割り箸かマドラーを差し入れてレンジで加熱するとより温度のムラがなくなります。
サランラップの代わりにもなりますが、割り箸だけの場合ですと香りが逃げてしまいますので、両方使った方が望ましいでしょう。

2.2.時間を置いてからいただく

温めた後に1分程度置く、もしくは20秒ほど温めた後に一旦取り出し、マドラーでかき混ぜるか徳利を振って温度を一定にしてからもう一度レンジに入れます。
自分の好みの温度になるまで調整しながら温めれば、美味しくいただけること間違いなしです。

2.3.お銚子を2本使う

お銚子2本用意し、1本にはお酒、もう一本にはお酒と同じ分量の水を入れ、同時にレンジで温めます。
温まったら水の方を捨て、お酒を水の入っていたお銚子に移し替えます。温度むらもなく風味を保った美味しい熱燗ができます。

2.4.水で割ってから温める

少量の水で割ってからレンジで温めると優しい口当たりになるので、ちょっと疲れ気味の方やお酒に弱い方にもオススメの方法です。

2-5.一度冷ましてからいただく

10秒から15秒ほど長めに温め、取り出したらラップを外して水を入れた容器にしばらくつけて冷やします。
急激に温めたお酒は香りも味も荒くなりアルコールも強く感じやすくなるのを、冷やすことで香りも味も落ち着き、飲みやすくなります。

3.レンジに向いた酒器の選び方

電子レンジはマイクロ波を使って温めるのでその特性を考量した容器を選ぶことで、より美味しく簡単に熱燗を作ることができます。
ポイントは胴が太めの徳利や酒器を選びます。全体が温まりやすくなるからです。
また徳利よりも片口と呼ばれる口に広いものを使うとよりまんべんなく温まります。

4.レンジ専用徳利

電子レンジによる燗に適した徳利があるのをご存知でしょうか?サランラップをかけなくとも全体がムラなく温まるようにできているのでとても便利です。

・有田焼電子レンジ徳利

こちらの徳利は電子レンジで熱燗を作る際、取り出しやすい取っ手付きです。熱燗以外にもソースやドレッシング入れとして使うこともできます。

価格:1,080円(税込・送料込み)
容量:350cc
購入はこちら

・月桂冠 電子レンジ対応型徳利

月桂冠が研究・開発した、まんべんなく温まる形状の徳利です。

価格:700円(税込・送料別)
容量:280cc
購入はこちら

4.ワンカップをレンジで熱燗にする方法

お酒の種類にこだわりがないという方や、容器を用意するのは面倒、という方はワンカップで熱燗を作ってはいかがでしょうか?
洗い物も出ませんし、最も簡単かつ早く熱燗が作れます。

作り方のポイント

ワンカップで熱燗を作る際に気をつけるポイントがあります。
まず金属の蓋を取り外してからレンジに入れるということです。蓋をつけたままで加熱をすると瓶が割れたり蓋が飛んだりして大変危険です。必ず蓋は外してから温めましょう。

次に出来上がった熱燗を取り出すときに熱くなったワンカップを直接触らないということです。火傷したりこぼしかねませんので、かならず鍋つかみのようなものを用意しておきましょう。

温める時間

600w・・・1分以内
1500w・・・20秒以内

まとめ

いかがでしたか?
一手間加える場合でも、とてもカンタンに熱燗を作れることがお分かりいただけたと思います。
本格的に燗酒をつけるには手間と道具が必要です。
「熱燗を手軽に飲むなら電子レンジで」、と覚えておくといいですね。
美味しく飲めて健康にもいい熱燗をぜひお試しください。