乾杯の新定番!選んで間違いなしのスパークリング日本酒9選をご紹介

スパークリング日本酒

しゅわっと泡が出るスパークリング日本酒は、口当たりが爽やかでお酒初心者にも飲みやすいです。
シャンパンに変わる乾杯酒として人気が高まっています。

しかし、種類がありすぎてどれがいいのか迷ってしまいますよね。
おいしいスパークリング日本酒の選び方は、簡単。

大きく分けて3つのタイプから好みのものを選びましょう。

スパークリング日本酒の3タイプ
①活性にごり
瓶内二次発酵
炭酸注入

この3つは、同じスパークリング日本酒というカテゴリーに分類されていても製法や味わいが全く異なります。それぞれの違いを知ることで自分の好みの味わいを探し出すことができます。

ここでは、スパークリング日本酒3種類の違いや特徴、そしておすすめのスパークリング日本酒をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

1. スパークリング日本酒には大きく分けて3種類

スパークリング日本酒の3つの酒類を簡単にわかりやすく表にしたものが下図になります。造り方や味わいなどが各々異なることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

タイプ

活性にごりタイプ

瓶内二次発酵タイプ

炭酸注入タイプ

 代表酒

鶴齢日本酒澪

特徴

・醪(もろみ)という酒粕が瓶の中に残っているため白く濁っており、瓶の中で発酵を続けている。

・醪(もろみ)の状態によりさらっとしたタイプのものから、トロリとした濃厚なものまで様々な味わいが楽しめる。

・自然な発酵による発泡なのでナチュラルなスパークリング感のものが多いが中には強い発泡感のものもある。

・濁りが加わっている分日本酒本来の米の旨みも存分に味わえるので日本酒通のにごり酒ファンにおすすめの味わい。

・瓶詰め後の日本酒にさらに酵母や糖などを追加し火入れ処理はせず瓶の中で再び発酵を促し造られた日本酒。

・活性タイプのような濁りやとろみは少ない。

・シャンパンのように泡がきめ細かく、喉にスッと入っていくような飲み口のものが多い。

・開栓するときに「ポン」という音がしシュワシュワの泡が立ち上るものが多い。

・シャンパンの様な口あたりで本格的なスパークリング日本酒を味わってみたいという方向け。

・炭酸ガスを注入している日本酒。

・後味はすっきりとしており爽やか。

・発泡感は3タイプの中では強目になる。

・大手酒造メーカーから販売されているものは、スーパーやコンビニなど手軽に購入できる。

・アルコール度数が低めのものも多いので手軽に発泡感を味わってみたいという日本酒初心者の方向け。

 

2. 日本酒本来の旨味も味わいたいなら「活性にごりタイプ」

通常、日本酒は「濾過」を行い透明感があり濁りのないお酒にしますが、活性にごりタイプの日本酒はこの「濾過」の工程できれいな清酒の状態にせず、荒く濾過をして醪(もろみ)という酒粕を残した状態で瓶詰めをしたものになります。

醪(もろみ)を残した状態で瓶詰めをした日本酒は「生きた菌」が含まれているので瓶の中でも発酵を続けます。醪(もろみ)が含まれているため濁った状態の日本酒になります。こうしてできたお酒が活性にごり酒となります。

うっすらと濁っているさらっとタイプのものから醪が多く残っておりトロッとした口あたりのものまで様々です。

2-1. 鶴齢 純米吟醸 発泡にごり酒

日本酒

濁りの感じは薄めで、ほのかな甘みと発泡由来によるガス感が加わり爽やかに飲める一本が「鶴齢 純米吟醸 発泡にごり酒」となります。

軽やかでさらっとした飲み心地の淡麗旨口の日本酒を得意とするに新潟の青木酒造らしいバランスのとれた飲みやすい濁り酒となっています。甘みと酸味のバランスが日本酒というよりは乳酸飲料のような感じで飲めるのが特徴。

・蔵元:青木酒造㈱(新潟県)公式ページはこちら→
・製品:鶴齢 純米吟醸 発泡にごり酒 480ml
・価格:1.296円(税込)
購入はこちら→

2-2. 都美人 純米活性にごり

都美人

上品な甘さと適度な発泡感が相まってスパークリング日本酒ファンだけでなく、にごり酒ファンにも絶大な人気を博しているのがこちら「都美人 純米活性にごり」になります。

にごり酒特有のまったりとした重さはなく軽めの舌ざわりで発泡感が加わったことにより爽やかに飲めるのが特徴で、アルコール度数も13度と比較的低目な事と、ほどよい甘みでついつい杯が進んでしまう一本です。

・蔵元:都美人酒造㈱(兵庫県)公式ページはこちら→
・製品:都美人 純米活性にごり 720ml
・価格:1.350円(税込)
購入はこちら→

2-3. 花垣 ShuShuShu 微発泡純米にごり生原酒

花垣

インターナショナルワインチャレンジ2018SAKE部門パークリングの部において金賞を受賞した冠付きの活性にごり酒がこちら「花垣 ShuShuShu 微発泡純米にごり生原酒」となります。涼やかなライトブルーの酒瓶に入っている見た目も涼やかなスパークリング酒。

味わいは甘めでガス感は強めなので日本酒は甘口が好きという方には喜んでいただけるのではないでしょうか。デザインもおしゃれなのでプレゼントや女子会の手土産にも最適。

・蔵元:㈱南部酒造場(福井県)公式ページはこちら→
・製品:花垣 ShuShuShu 微発泡純米にごり生原酒 720ml
・価格:1.620円(税込)
購入はこちら→

3. シャンパンのようなお酒が良いなら「瓶内二次発酵タイプ」

通常の製法で造ったお酒を瓶詰めした後、さらに酵母や糖などを追加し通常行う火入れ処理はせず瓶の中で再び発酵を促し造られた日本酒のことを瓶内二次発酵タイプの日本酒といいます。

活性にごりタイプの日本酒は最終段階で醪(もろみ)を残して発酵させる方法でしたが、こちらのタイプは一度、濾過をしてから新たに酵母などの発酵成分を追加して発酵を促すという点が大きく異なっています。

この製法は、フランスのスパークリングワイン「シャンパン」(フランス読みだとシャンパーニュ)にも用いられている製法です。

 3-1. 紀土 KID 純米大吟醸 Sparkling

紀土

2019年ANA国際線ファーストクラスで振る舞われる日本酒として選ばれたスパークリング酒。純米大吟醸を世界に誇れるスパークリング酒として紹介したいと蔵元である平和酒造が丹精込めて造り上げたのがこちら「紀土 KID 純米大吟醸 Sparkling」となります。

純米大吟醸のさらりとした口あたりにナチュラルな微発泡のシュワシュワ感が上品さを際立たせます。甘みが強すぎず優しい味わいは、世界のセレブをも魅了する大吟醸ならでは味わい。

・蔵元:平和酒造㈱(和歌山県)公式ページはこちら→
・製品:紀土 KID 純米大吟醸 Sparkling  720ml
・価格:2.052円(税込)
購入はこちら→

3-2. 花の香 純米大吟醸 花火 スパークリング

花の香

インターナショナルワインチャレンジ2019SAKE部門パークリングの部において最高金賞を受賞したスパークリング純米代吟醸酒となるのがこちらの「花の香 純米大吟醸 花火 スパークリング」です。

本場のシャンパーニュを勉強したいと現地まで赴き、一かシャンパーニュ製法を勉強してきて造られた、本物志向のスパークリング日本酒です。

純米大吟醸ならではの澄んだ透明感あふれる口あたりに、きめ細やかな泡立ちは本格的なスパークリング日本酒を飲んでみたいと考えている方に一度試していただきたいおすすめの日本酒です。

・蔵元:花の香酒造㈱(熊本県)公式ページはこちら→
・製品:花の香 純米大吟醸 花火 スパークリング 720ml
・価格:5.300円(税込)
購入はこちら→

3-3. 一ノ蔵 発泡清酒 すず音

すず音

グラスに注ぐ泡の音が繊細な鈴の音のように聞こえるということからつけられた名前のお酒がこちら「一ノ蔵  すず音」になります。

発売から20年、圧倒的な女性たちの支持を受けて今年20歳のお誕生日を迎えたロングセラーです。

その秘密はアルコール度数が5度とお酒が苦手な方にもとても飲みやすく造られているということ、瓶内二次発酵によるナチュラルな発泡感が清涼飲料水のように軽やかで飲みやすいこと、そして300mlの飲みきりサイズで、ちょっと飲みたいと言うときにも手軽に手が出るサイズ感だからです。

日本酒初心者、また、日本酒はあまり強くないと言う方にもナチュラル製法で造られたこちらの日本酒は気軽に手が出せるスパークリング日本酒になるのではないでしょうか。

・蔵元:㈱一ノ蔵(宮城県)公式ページはこちら→
・製品:一ノ蔵 発泡清酒 すず音 300ml
・価格:800円(税込)
購入はこちら→ 

4. 発泡感強めが好きな方は「炭酸注入タイプ」

自然な形の発酵力を利用するのではなく通常の炭酸飲料と同様の方法で出来上がったお酒に炭酸ガスを注入させ発泡感を持たせた日本酒になります。

他のタイプの日本酒よりも発泡感は強めでさっぱりとした、爽やかな印象のスパークリング感が特徴となります。

4-1. 松竹梅 白壁蔵  澪

澪

瓶内二次発酵酒のところでご紹介した「すず音」同様に、アルコール度数は5度の非常に飲みやすいスパークリング日本酒がこちらの松竹梅白壁蔵「澪」になります。

マスカットのような柔らかい甘みと口の中に広がる香りが「日本酒は一升瓶、親父が飲むお酒」と言う概念を覆し、なおしゃれな感じと飲みやすさが若い女性たちにも受け入れられ人気となっている日本酒です。

・蔵元:宝酒造㈱(京都市)公式ページはこちら→
・製品:松竹梅白壁蔵「澪」 3000ml
・価格:513円(税込)
購入はこちら→

4-2. 白鶴 淡雪スパークリング

白鶴

食に対する意識の高い女性たちが「味」「食べやすさ」「パッケージ・ビジュアル」などの視点から、「買いたい、食べたいと思う食品や飲料」を選ぶ「FOODEX美食女子Award」という食のイベントにおいてドリンク部門でグランプリを獲得したスパークリング日本酒がこちら「白鶴 淡雪スパークリング」になります。

シトラスに似た香りと甘すぎないすっきりとした甘みと軽く爽やかな酸味がバランスよくマッチしたスパークリング日本酒です。食事にはもちろんですが、冷たく冷やしてチョコレートやケーキなどのお供にしてもおしゃれにいただけます。

・蔵元:白鶴酒造㈱(兵庫県)公式ページはこちら→
・製品:白鶴 淡雪スパークリング300ml×6
・価格:3.000円(税込)
購入はこちら→

4-3. 愛宕の松 スパークリング

愛宕の松

究極の食中酒を醸し出す新澤醸造店が醸し出すスパークリング日本酒がこちらの「愛宕の松 スパークリング」になります。この日本酒のコンセプトもやはり「食中酒」です。

食事に合う日本酒造りはこのスパークリング酒にも息づいており、とことん食事に合う日本酒にこだわり抜いているため、先にご紹介した「澪」や「淡雪」のような甘口のお酒ではなく甘みは押さえて、アルコール度数も13度と低めに設定されておりより飲みやすさを追求したスパークリング酒となります。

・蔵元:新澤醸造店(宮城県)蔵元紹介ページはこちら→
・製品:愛宕の松 スパークリング 720
・価格:1.954円(税込)
購入はこちら→

まとめ

日本酒

ここまでスパークリング日本酒に関してお話しして参りました。

スパークリング日本酒には大きく分けて活性にごりタイプ、瓶内二次発酵タイプ、炭酸注入タイプに分かれていました。

活性にごりタイプと瓶内二次発酵タイプの日本酒は自然の力を利用し日本酒本来のナチュラルな味わいや風味を楽しめる本格的なスパークリング日本酒といえるかもしれません。

また、一方の炭酸注入タイプの日本酒は、安定した飲みやすさと、くせがない万人向けの味わいが特徴といえるのではないでしょうか。

どんなシーンで、誰が、いつ飲むのか、そんな違いでも選び方は変わってきます。皆様のお好みのスパークリング日本酒が見つけられたのなら幸いです。